懇談会の時の子供の預け先


我が子たちを通わせる幼稚園で、今年も懇談会の時期がやって来ました。
それは、子供は一緒にいると話し合いの邪魔になるからなるべく連れてこないように、とされているもの。
けれど、私は祖父母は近くに住んでいないし主人は仕事を休めないし、預け先もないので連れて行くしかありません。
幼稚園の預かり保育もその日はやらないというから参ってしまいます。
毎年、そういう人の子供はホールで映画を観ていていいという風になってます。
だけど、これまでの年と違うのは今回、私は長男と次男の二人のクラスの懇談会にどちらも出席しなくてはならないという事です。
長男のクラスが2時から、次男のクラスが3時半から。
つまり2時前から5時近くまで、二人の子供を静かにホールで映画を観て待たせる事になるのです。
一人のクラスの懇談会の間なら、全然心配してませんが、そんなに時間がかかるとお腹も空くし飽きるでしょう。
おもちゃで遊んでられると言うなら別ですが、そんな長い間大人しく観ているなんて三歳の次男にはキツイと思います。
ずっと映画を連続して観てるのも、目に良くないです。
けれど、他に方法がないので仕方ないです。
知り合いママさんは、祖父母に預ける、とかパパが有休取るって言ってるから預ける、と言っていて羨ましい限りです。
私は良いけど、子供がその日は大変だなあと思うと何とも申し訳ない気持ちです。

引越しをする前の悩み


この前引越しをしたのですがたくさんの本を集めていたのでそれを
どうするのかというので結構悩みました。全てを引越し先に持っていくと
荷物の量という点で引越料金が高くなってしまうと思ったのでこの機会に
要らない本は全部売ってしまおうということで売りました。意外と本が
増えていくスピードは早いのですが一度読んだらもう二度と読まない本が
大量にあったのでちょうど良いといえばちょうど良いタイミングです。
基本的に漫画とかは買って一度読んだらよっぽど面白くない限りは
読み返さないですからね。特に旅行とか移動時間が長い時に暇つぶしで
駅で買ったような本はほとんどそれっきりで終わってしまうことが多いです。
ただあまりにも本の量が多かったので持っていくのは不可能だと判断して
初めて古本の宅配買取のサービスを利用してみました。その名の通り
住んでいる家まで本を取りに来てくれるサービスなのですがなんだ
かんだダンボールに本をまとめていくと中ぐらいのダンボールが6個分に
なりました。結構その作業だけでもしんどかったのですがそこからは
宅配業者が回収に来てくれて見積もりを待つだけなのでなかなかオススメです。