実際の賞味期限は表示されている期日よりも早い


開封して一回で使い切るならば問題無い事なのですが、食べ物にしろ薬や飲み物には注意書きがあります。
開封後はお早めにと言う風に書かれているのです。
つまりこれは、賞味期限が実際印字されているのよりも早い事を意味していると言えます。
ただ、開封しなけば賞味期限ギリギリまで大丈夫と思われる方もいるのではないかと思いますが、実際そうでも無いです。
私が知人から聞いた話によると、賞味期限ギリギリの食べ物を調理して食べようとした所、匂いが可笑しかったので捨てたと言う話を聞きました。
また、私はスーパーに良く買い物に行きますが、商品としてならんではいるものの商品の中に傷んでいるのが混入しているのもあるのです。
リマーユシャンプー 成分

そう言うのは、大概が前日売れ残った物をそのまま商品としてまだ棚に並べている物です。
と言う商品を私は良く見掛けるので、賞味期限は実際の印字よりも短いと思って古い物より新しい物を購入した方が安全だと思います。
また、買い物の鉄則に「商品は新しい物から取るべし」と言う表現をされますがそう言う理由が含まれてあります。
それ故に、食中毒や体調が悪くなる事を考えれば売れ残りに手を付けない、同じ商品でも日付の新しい物を購入するのが賢明な判断だと言えます。

コメントは受け付けていません。