保険証がなくても初診じゃなければ大丈夫?


例えば、うっかり忘れてしまったり、失くしてしまったり、転職などの
タイミングで保険証が手元にない状態で病院に行くケースがあるでしょう。
そういった場合でも受診自体は問題なく受け付けてくれます。

ただ、治療費に関しては自費診療となるので金額的にはいつもの
金額の3倍ぐらいの費用がかかると思ってもいいでしょう。
後で保険証を持って病院に行けば差額に関しては返金してもらえます。

初診の場合はほぼ100%自費診療になると思いますが、いつも通っている
病院であれば保険証がなくてもなんとかなるケースもあります。
例えば歯医者に通っていると月の始めに受診する時には必ず
保険証の提示をお願いされると思いますがこのような場合に
保険証を持っていなかったとしても保険適用で診察してくれることが多いです。

その代わり、次の診察の際に保険証を提示してくださいとお願いされるでしょう。
仮に本当に保険証の期限が失効していて、上記のような忘れただけと言って
受診をして保険が使えないと病院から電話がかかってくることになります。

というのも、過去に一度国民健康保険証を市役所の職員が他の人の情報と
誤って取り扱ったことがあって意図せず失効させられてしまった時に
自分は当然気付いていなかったので普通に保険証を提示して病院に
行っていたのですが、数日後になって病院から電話がかかってきて
保険証が使えなくなっていると言われたことがあります。

そのおかげで市役所のミスに気が付くことにもなったのですが、
保険証がないことを誤魔化しても必ず後でバレるということです。

関連:保険証がない時に見ておきたいサイト

コメントは受け付けていません。